タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  シチズンマシナリー、タイ拠点の生産能力増強

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2017-09-11 19:01 2017-09-11 17:01

タグ: [ シチズンマシナリー ]

シチズンマシナリー、タイ拠点の生産能力増強

 シチズンマシナリーは8日、約3億円を投じてタイの製造拠点に板金塗装の新工場を建設すると発表した。これにより塗装能力が現状の月産50台から150台に拡大する。今年9月に着工、来年7月に稼働を予定している。

 タイの製造拠点シチズン・マシナリー・アジアは、2001年に海外発工場としてアユタヤに設立。シンコムブランドの自動旋盤を生産する最大規模の海外主力工場となる。

 2015年に工場の増築を行い、昨年秋から受注好調を受け、高水準での生産が続いているが、自動旋盤カバー板金の塗装工程は外注比率が高く、今後の安定確保が課題となっていた。

 また同時に、ベトナムの製造拠点も鋳物工場を増床すると発表している。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る