タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  畑の中から黄金のプレート、世界大戦時に日本軍が残したもの?

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2014-05-28 22:37 2014-05-28 20:37

タグ: [ パッタルン県 ] [ カオチャイソン郡 ] [ 財宝 ]

畑の中から黄金のプレート、世界大戦時に日本軍が残したもの?

 タイ南部パッタルン県カオチャイソン郡で、農地から大量の黄金のプレートが発見された。
 
 タイ地元紙によると、現場で畑仕事をしていた人物が、たまたま畑の中から手のひらサイズのプレートを発見。
 
 それを知った市民約500人が駆けつけ、畑を掘り起こしプレート約100枚、ブローチなどを発掘した。
 
 発掘した関係者らは、プレートに漢字らしき文字が書かれていたことから、第2次世界大戦時に日本軍が残したものではないかと見ているようだ。

 タイでは日本軍が財宝を隠して撤退したという伝説が残っており、先日中部カーンチャナブリー県の国立公園内で許可無く財宝探しをしていたグループが逮捕されている。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る