タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  住友林業、トンロー地区の分譲マンション販売開始

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2019-04-19 09:42 2019-04-19 07:42

タグ: [ コンドミニアム ] [ プロパティ・パーフェクト ] [ 住友林業 ] [ マンション ]

住友林業、トンロー地区の分譲マンション販売開始

 住友林業は、タイの不動産開発プロパティ・パーフェクト(PF)とバンコク都内トンロー地区に共同開発した高級分譲マンション「ハイド・ヘリテージ・トンロー」を今月から販売を開始すると発表した。住友林業にとってタイでは初の不動産分譲プロジェクトとなる。

 住友林業のシンガポールにある100%子会社スミトモ・フォレストリー・シンガポール(SFS)とPFおよび傘下のグランデ・アセット・ホテルズ&プロパティ(GA)の3社が、2017年に共同事業を進めることで合意。その後、この3社による合弁会社グランド・スター(GS)を設立し、マンション開発を進めていた。GSへの出資比率は、SFSが49%、GAが40%、PFが11%。

 総戸数は311戸、敷地面積は約4000平方メートル、地上44階建て、販売価格は約3800万円から、平均分譲価格は約6700万円となる。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る