タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  三菱地所、RMLとプルンチットに大型オフィスビル開発

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2019-05-28 22:19 2019-05-28 20:19

タグ: [ オフィス ] [ 三菱地所 ] [ レイモン・ランド ] [ RML ]

三菱地所、RMLとプルンチットに大型オフィスビル開発

 三菱地所は28日、タイの不動産デベロッパーのレイモン・ランド(RML)と共同でバンコク都内プルンチット地区に大型オフィスビル「ワン・シティ・センター」を開発すると発表した。

 賃貸面積約6万1000平方メートル、61階建てのオフィス棟と商業棟からなる施設で、高級デパート「セントラル・エンバシー」の反対側に位置し、スカイウォークでBTSプルンチット駅に直結させる予定となっている。


 タイで三菱地所グループとして初のオフィス開発事業で、RMLとも初の共同プロジェクトとなる。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る