タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  74.2%の国民が非常事態宣言発令も現状解決はできない=NIDAポール調査

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2008-09-08 18:23 2008-09-08 16:23

74.2%の国民が非常事態宣言発令も現状解決はできない=NIDAポール調査

 タイ国立開発行政研究院(NIDA)ポールの世論調査によると、全国1914人を対象に非常事態宣言発令に対する意見調査を行ったところ、同宣言に53.8%が賛成、43.1%が反対だったことが明らかとなった。

 その他74.2%が同宣言発令を行ったところで現状解決には結びつかないと回答し、63.0%がアヌポン陸軍司令官に同宣言のを利用して民主主義市民連合を強制排除すべきではないと回答した。またサマック首相に対して、55.1%が現状解決のため辞職ないし下院議会解散すべきと回答した。

 ただし現政権の支持基盤である北部地区などに限れば、未だ圧倒的な支持を得ている。
関連ニュース
  • 関連ニュースはありません。

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る