タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 政治 】カテゴリニュース  >   財務相にタイ証券取引所の前所長起用 セター内閣改造

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 政治 】
投稿日時: 2024-04-30 13:46 2024-04-30 11:46

タグ: [ セター首相 ] [ 内閣人事 ]

財務相にタイ証券取引所の前所長起用 セター内閣改造

 タイのセター・タビシン首相は28日、就任後初となる内閣改造人事を発表した。新たに6人が入閣し、4人が退任した。セター首相が兼任していた財務大臣には、タイ証券取引所の前所長であるピチャイ・チュンハバジラ氏を起用。一方、パーンプリー副首相兼外務大臣は辞任した。

 公共放送PBSの報道によると、ピチャイ氏は、ビジネス・経済のセター首相の顧問として活躍。新財務大臣として、政府の目玉政策「デジタルウォレット」政策の監督・推進が期待されている。

 ピチット・チュエンバン氏は首相府大臣として入閣。同氏は、タクシン元首相やインラック・チナワット元首相と緊密に協力した弁護士として知られている。2008年に収賄スキャンダルで6カ月の実刑判決を受け、刑期を終えた後にタイ貢献党の議員となった。

 ジラポーン・シンドプライ氏は首相府大臣として入閣。タイ貢献党の副党首チームに所属する36歳で、ローイエット県選挙区選出。元選挙区議員の父親は「赤シャツ」デモの中心メンバーで、母親と妹もタイ貢献党の同県選挙区議員だった。

 パオプム・ロジャナサクン氏は財務副大臣として入閣。同氏は41歳で、タイ貢献党の新世代メンバーの1人。党副幹事長を4期務めた後、党副党首に昇進した。

 スチャート・チョムクリン氏は 商務副大臣。同氏は、チョンブリー県行政組織の一員として政界入り。昨年、タイ統一党に参加した。プラユット・チャンチャオ政権では労働大臣を務めていた。

 アタコーン・シリラタヤコーン氏は農業協同組合副大臣。同氏は元経営者。元運輸副大臣でチャチューンサオ県の元選挙区議員である父親の後を継いで政界入りした。当初はタイ貢献党に参加し、2019年の選挙前にパラン・プラチャーラート党へ移った。

 パーンプリー氏は、これまで兼任していた副首相の肩書きが外れ、外務大臣のみになっていた。パーンプリー氏は辞任の理由について深くは説明せず「自らの原則を守りたい」と述べているという。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る