タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  中部電力、タイでIoT活用のコンプレッサ最適運用サービス実証事業開始

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2019-10-10 20:05 2019-10-10 18:05

タグ: [ 中部電力 ] [ IoT ]

中部電力、タイでIoT活用のコンプレッサ最適運用サービス実証事業開始

 中部電力は10日、タイでIoTを活用したコンプレッサ最適運用サービスの実現を目指し、開発・実証事業を開始すると発表した。

 この事業は、日本国内で実績のあるコンプレッサIoT最適運用サービスをタイで展開することを目指して実施するもので、日本で使用しているIoTデバイスをリノベーションし、タイの工場等に設置したうえで、タイ・日本間での通信試験や、現地設備管理者へのコンプレッサ・省エネルギーに関する教育等を行う。

 日本の環境省の補助事業「2019年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(コ・イノベーションによる途上国向け低炭素技術創出・普及事業)」に申請しており、同日補助金の執行団体である公益財団法人地球環境センターより交付決定を受けた。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る