タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  豊田通商、タイで飼料原料販売会社を設立

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2018-10-30 13:11 2018-10-30 11:11

タグ: [ 合弁会社 ] [ 豊田通商 ] [ SPMフィードミル ]

豊田通商、タイで飼料原料販売会社を設立

 豊田通商は、タイの大手畜産・飼料製造販売会社SPMフィードミル(SPM)と合弁で中部ラチャブリー県に飼料原料販売会社PGアグロを設立したと発表した。

 タイでは食肉消費が安定して成長しており、その8〜9割が鶏肉と豚肉で占められている。養豚などの飼育頭数も年々増加しており、飼料市場も拡大を続けている。このことから合弁会社を設立し、大豆粕などを飼料原料として調達し、SPMをはじめとするタイ国内の配合飼料製造会社と畜産農家へ販売していく。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る