タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  タイ東北部のダム、貯水量が減少続く

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2019-08-16 22:49 2019-08-16 20:49

タグ: [ ナコーンラーチャシーマー県 ] [ 干ばつ ] [ ダム ] [ 水不足 ]

タイ東北部のダム、貯水量が減少続く

 今年はタイ国内各地で水不足に悩まされているが、東北部ナコーンラーチャシーマー県コラブリー郡にあるラムセダムの水量が減り続けており、このままいくと農作物に影響が出る可能性が出てきた。

 タイ地元紙によると、このダムの総貯水容量は2億7500万立方メートルと大型のダムになるが、雨季にも関わらず、現在の貯水量は5900万立方メートルとなり、貯水率は21%にとどまっている。

 このダムは生活用水、農業用水、工業用水などに使用される水を日々放水しているが、このまま雨が降らずダムの貯水量が減り続けた場合、放水量を減らしてまず農業用水の使用を制限するようだ。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る