タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  鉄道パープルラインが開業、日系企業が鉄道システム一式納入

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2016-08-09 10:24 2016-08-09 08:24

タグ: [ パープルライン ]

鉄道パープルラインが開業、日系企業が鉄道システム一式納入

 丸紅と東芝が出資する共同事業体を通じて、2013年に鉄道システム一式を受注したバンコク都内北部の都市鉄道パープルラインが、今月6日に開業した。

 このパープルラインは、バンコク北部のバーンスーと北西部バンヤイを結ぶ全長約23キロで、日本の円借款を活用して建設された。

 丸紅と東芝は、共同事業体を通じて鉄道システム一式(車両、信号・運行監視設備、変電設備、通信設備など)を供給し、東日本旅客鉄道と設立した共同事業体が10年間のメンテナンスを請け負う。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る