タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  三井物産、ラヨーンで新たにガス発電事業に参画

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2019-11-18 22:15 2019-11-18 20:15

タグ: [ EGAT ] [ タイ発電公社 ] [ 三井物産 ] [ ガルフ・エナジー・デベロップメント ] [ ガス火力発電所 ]

三井物産、ラヨーンで新たにガス発電事業に参画

 三井物産は、タイ中部ラヨーン県で大型ガス発電事業プロジェクトに参画すると発表した。プロジェクト規模は約500億バーツで、同社は30%出資する。

 このプロジェクトは、民間電力大手ガルフ・エナジー・デベロップメントと共同で手がけるもので、バンコクから南東約150キロのラヨーン県に設備容量2500MWのガス焚き複合火力発電所を新たに建設し、タイ電力公社(EGAT)に一部稼働予定の2023年から3月から25年に渡って運営・売電する計画だ。

 同社は、2018年11月にも中部チョンブリー県で同様のプロジェクトを実施すると発表している。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る