タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  神戸製鋼所、タイに統括会社設立

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2017-07-31 13:57 2017-07-31 11:57

タグ: [ 神戸製鋼所 ] [ 統括会社 ]

神戸製鋼所、タイに統括会社設立

 神戸製鋼所は27日、タイに新会社コベルコ・サウス・イースト・アジア(KSEA)を設立し、8月から業務を開始すると発表した。

 この新会社は、東南アジア及び南アジア地域における統括会社となり、同社を基点にコーポレートガバナンスやコンプライアンスをはじめとした経営管理の強化やグループ内の連携、資金管理の一元化による事業効率化などを進めていく。

 タイをはじめとした東南アジアおよび南アジア地域では、6カ国30社(連結・持ち分)で事業展開しており、同地域での言語・商習慣・法律は多様である上、様々なリスクがあることから、これらに効率的に対応する必要があったとし、特にグループの拠点数が多く地理的に利便性が優れているタイに設立することが決まった。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る