タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  東急、サハグループと日本人向け賃貸事業

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2014-10-02 04:52 2014-10-02 02:52

タグ: [ チョンブリー県 ] [ シーラーチャー郡 ] [ 東京急行電鉄 ]

東急、サハグループと日本人向け賃貸事業

 東京急行電鉄は、タイの消費財大手サハ・グループと、中部チョンブリー県シーラーチャー郡で日本人向け賃貸住宅事業を手がける合弁会社サハ・トウキュウをした。

 合弁会社の資本金は3億3200万バーツ、東京急行電鉄が45%、サハグループが50%、トウキュウの関連会社が5%出資する。

 このシーラーチャーは、バンコクから南東へ約100kmのチョンブリ県に位置し、多数の工業団地に近接しており、そのに勤務する日本人が多く住んでいることから、2009年にはバンコクに次いでタイ国内2校目となる日本人学校ができるほどの街となっている。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る