タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  ICAO、正式にタイを航空安全上の懸念のある国に指定

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2015-06-19 16:39 2015-06-19 14:39

タグ: [ 国際民間航空機関 ] [ ICAO ] [ レッドフラグ ]

ICAO、正式にタイを航空安全上の懸念のある国に指定

ICAO、正式にタイを航空安全上の懸念のある国に指定
 国際民間航空機関(ICAO)は、3ヶ月ほど前にタイ航空当局に対して重大な安全上の懸念(SSC)を指摘し猶予期間を与えていたが、これに対する改善策が提示されなかったとして、タイを正式に問題のある国(レッドフラグ)に指定した。

 現在タイと同様に問題がある国にしていされているのは、アンゴラ、ボツワナ、ジブチ、エリトリア、グルジア、ハイチ、カザフスタン、レバノン、マラウイ、ネパール、シエラレオネ、ウルグアイ。

 現在タイ国内航空会社による日本路線の新規就航などに影響が出ているが、今回ICAOが正式に発表したことで今後日本をはじめ世界各国がどのような対応をするのか注目が集まる。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る