タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  東北部でレプトスピラ症の流行拡大

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2010-07-01 04:44 2010-07-01 02:44

タグ: [ ナコーンラーチャシーマー県 ] [ ブリーラム県 ] [ スリン県 ] [ チャイヤプーム県 ] [ レプトスピラ症 ]

東北部でレプトスピラ症の流行拡大

 タイ東北部の南部地域を中心に、レプトスピラ症の流行が拡大していることがわかった。

 タイ地元紙によると、ナコーンラーチャシーマー県病原管理機関は、年初から6月27日までにおけるタイ東北部4県(ナコーンラーチャシーマー県、チャイヤプーム県、ブリーラム県、スリン県)におけるレプトスピラ症感染者が445人確認され、うち5人が死亡したと明かしている。特に感染者が多い県はプリーラム県の224人、続いてスリン県の110人、ナコーンラーチャシーマー県の68人、チャイヤプーム県の53人となっている。

 レプトスピラ症とは、病原性レプトスピラの感染による人獣共通感染症。汚染された水や土壌から経口・経皮的に感染し、ヒトからヒトへの感染は起こらない。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る