タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  外務省、プレアビヒア寺院周辺の危険レベルを引き下げ

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2018-04-20 14:21 2018-04-20 12:21

タグ: [ 外務省 ] [ 危険情報 ] [ 危険レベル ] [ プレアビヒア寺院 ] [ カオプラウィハーン遺跡 ]

外務省、プレアビヒア寺院周辺の危険レベルを引き下げ

 日本の外務省は20日、タイ東北部シーサケート県とカンボジアのプレアビヒア 県との国境沿いにあるプレアビヒア寺院(カオプラウィハーン遺跡)周辺に関して、危険情報の危険レベルをレベル1に引き下げた。またスリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)に発出していた危険レベルを解除した。

 過去にタイとカンボジア両軍の小さな衝突が発生していたが、近年は沈静化したことが引き下げの理由。ただしプレアビヒア寺院周辺への渡航は最新の情報を得た上で、判断してほしいとしている。

 タイ国内に関しては、このほかナラティワート県、ヤラー県、パッタニー県全域およびソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)に対して危険レベル3、ソンクラー県(その他全域)にレベル2、バンコクにレベル1を引き続き継続して発出している。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る