タイランド通信  >  プレスリリース  >  【 タイ企業 】プレスリリース  >  NTTコミュニケーションズ、アジア首位のホールセールIPプロバイダーの地位を強化

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
【 タイ企業 】 2013-11-13 20:54

NTTコミュニケーションズ、アジア首位のホールセールIPプロバイダーの地位を強化

ニューヨーク & バンコク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- フォーチュン・グローバル500に入る通信大手NTTのデータ/IPサービス部門であるグローバル企業のNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は本日、10月29日から31日までタイ・バンコクで開催されるキャパシティー・アジア2013会議に参加すると発表しました。キャパシティー・アジアはこの地域のホールセール通信会社にとって最も著名なイベントの1つであり、世界各地から参加者が集い、業界の専門家や同業者と人脈を築く機会となります。「アジア太平洋地域におけるコンテンツサービスの取り込みを支援する:ビデオ、ゲーム、OTTサービス」

NTTアメリカのNTT ComグローバルIPネットワーク担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるマイケル・ホイーラーは、業界のリーダーとともにパネル討論会「アジア太平洋地域におけるコンテンツサービスの取り込みを支援する:ビデオ、ゲーム、OTTサービス」に参加します。このパネル討論会は現地時間10月29日(火)の午前9時45分から開催され、コンテンツトラフィックの増加によってネットワークインフラと顧客経験に生じている課題と機会をテーマとするものです。

大手市場調査会社Renesysが発表した最新の四半期ホールセールランキングによると、NTT Comはアジア首位のホールセールIPプロバイダーであり、ホールセールに関する世界の動向と機会に対処できる独自の立場にあります。キャパシティー・マガジンがRenesys Market Intelligence(マーケット・インテリジェンス)のホールセール顧客基盤スコアに基づいて今年前半に発行した2012年ホールセールランキングから、NTT Comはアジア首位の座を守り続けています。

マイケル・ホイーラーは次のように述べています。「NTT Comがアジアの多くの主要市場で強力なリーダーの立場にあることをとても誇りに思います。当社は最先端の技術と優れた顧客サービスをもって、相互接続の度合いを深める世界に確実に貢献すべく、努めてきました。顧客が一貫して当社のネットワークの強みを高く評価し、重要なインターネット関連ビジネスのニーズを満たすために当社を選び続けていることに励まされます。当社は引き続きこの地域そして世界各地のインフラに再投資し、今後何カ月、何年にもわたってより多くの顧客を獲得できるよう邁進していきます。」

NTT Comはテレコム・アジア・アワーズ2013でのベスト・アジアン・テレコム・キャリアやアジア・コミュニケーション・アワーズ2013でのホールセール・オペレーター・オブ・ザ・イヤーなど、高品質サービス、イノベーション、財務実績、市場でのリーダーシップ、企業の社会的責任(CSR)活動に関する数多くの受賞によって広く認識されています。さらにキャパシティー・グローバル・キャリア2013アワーズのベスト・ホールセール・キャリアとベスト・パンアジア・ホールセール・キャリアの最終選考にも残っています。

また、NTT Comは10月1日に、世界のインターネットで最も急速に成長している市場の1つであるインドネシアのジャカルタに新たに2カ所のポイントオブプレゼンス(PoP)を設置し、当社のティア1グローバルIPネットワークの展開範囲を拡大したと発表しました。NTT ComのグローバルIPバックボーンは、太平洋横断システムで最大の伝送容量を誇り、一貫して世界最大級のネットワークに数えられています。最近では バルセロナ、ストックホルム、ウィーンにPoPを追加し、米国と日本をつなぐ太平洋横断海底ケーブルシステムに世界で初めて100 Gbpsのデジタルコヒーレント技術を導入しました。顧客はこの信頼性の高いグローバルインフラに直接接続することによって、安定した低遅延アクセスや受賞歴のある顧客サービスを含め、費用対効果の高いグローバルな体験を手に入れることができます。

NTT Comはキャパシティー・アジア2013のプラチナスポンサーです。

NTTコミュニケーションズについて

NTTコミュニケーションズはコンサルティング、アーキテクチャー、セキュリティー、クラウドのサービスを提供し、企業の情報通信技術(ICT)環境の最適化を支援しています。これらのサービスは世界に冠たるティア1グローバル IPネットワーク、160以上の国と地域にまたがるVPNネットワークのアークスターユニバーサルワン(Arcstar Universal One™)、150を超えるセキュアデータセンターを含め、当社の世界規模のインフラストラクチャーによって支えられています。NTTコミュニケーションズのソリューションは、ディメンション・データ、NTTドコモ、NTTデータなど、NTTグループ企業のグローバル資源を活用しています。

詳細情報と最新情報についてはこちらをご覧ください: www.ntt.com | Twitter@NTT Com| Facebook@NTT Communications | LinkedIn@NTT Communications

米国と南北アメリカ:www.us.ntt.net | 欧州・中東・アフリカ:www.eu.ntt.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

NTT Communications | NTT America
Fernando Costantino, +1-425-250-7051
fcostantino@us.ntt.net

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る