タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  JAL、名古屋〜バンコク線を運休

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2019-12-03 16:50 2019-12-03 14:50

タグ: [ スワンナプーム国際空港 ] [ 日本航空 ] [ JAL ] [ 中部国際空港 ] [ 運休 ]

JAL、名古屋〜バンコク線を運休

 日本航空(JAL)は本日(3日)、中部国際空港(NGO)とバンコクのスワンナプーム国際空港(BKK)を結ぶ路線を来年3月29日から運休すると発表した。

 運休となる便は、名古屋午前10時25分発JL737便とバンコク午前0時25分発JL738便で、週往復7便運航していた。これにより名古屋とバンコクを結ぶ路線において、日系航空会社による運航はゼロとなった。現在この路線は、フルサービスキャリアではタイ航空1社のみ、格安航空ではタイ・エアアジア、タイライオンエアの2社のみとなる。

 すでにチケットを購入した人は、経由便への振替または払い戻し対応となる。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る