タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  国内工場を検査、大気汚染問題で

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2019-01-17 21:24 2019-01-17 19:24

タグ: [ バンコク都 ] [ 大気汚染 ] [ PM2.5 ] [ 粒子状物質 ]

国内工場を検査、大気汚染問題で

 タイ工業省は、バンコク首都圏の大気汚染状況が、連日健康に影響が出るレベルが続いていることを受け、タイ国内の工場を検査する方針だ。

 タイ地元紙によると、ウットム工業相は、現在続いている大気汚染が、工場から排出される煙や粉塵による可能性があることから、同省の関係機関に法律で定められた基準値の範囲内に収まっているか調査するよう命じたと明かした。

 現在バンコク首都圏で続いている大気汚染について、連日メディアで報道されていることから、PM2.5対応のマスクの需要が急増し、品切れとなる小売店が続出している。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る