タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 社会 】カテゴリニュース  >  到着ビザの手数料無料化、中国人観光客減少で

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 社会 】
投稿日時: 2018-11-07 16:52 2018-11-07 14:52

タグ: [ 無料 ] [ 中国 ] [ オンアライバルビザ ] [ 到着ビザ ]

到着ビザの手数料無料化、中国人観光客減少で

 タイ政府は、オンアライバルビザ(到着ビザ)の取得手数料を期間限定で無料とすることを決めた。無料期間は来月から来年1月まで。

 これまで中国をはじめアンドラ、ブルガリア、ブータン、キプロス、エチオピア、フィジー、インド、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、パプアニューギニア、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、台湾、ウクライナ、ウスベキスタン21カ国および地域の国籍を持つ人を対象に、到着時に2000バーツの手数料を払うことで、30日滞在が可能なビザを発給していた。

 中国人観光客が牽引する形で観光業が活性化していたが、7月以降3ヶ月連続で中国人観光客が減少しており、各方面から懸念の声が上がっていた。これを受け、タイ政府は再び中国人観光客を呼び込むため、到着ビザ手数料を期間限定で無料化した。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る