タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  CPFの鶏肉事業が好調、米テネシー州で鳥インフル検出で

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2017-03-10 15:55 2017-03-10 13:55

タグ: [ CPF ] [ チャールン・ポーカパン・フーズ ] [ 鳥インフルエンザ ]

CPFの鶏肉事業が好調、米テネシー州で鳥インフル検出で

 食品関連最大手チャールン・ポーカパン・フーズ(CPF)は、米テネシー州などで鳥インフルエンザが検出されたことを受け、鶏肉関連事業が上向く見通しだ。

 タイ地元紙によると、この鳥インフルエンザの検出によって、米産鶏肉の輸入を制限する国が出ることで、タイ産鶏肉の需要が高まることが理由。

 同社の昨年の売上は前年比8.48%増の4766億8269万バーツ、純利益は同32.95%増の147億282万バーツ。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る