タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 経済 】カテゴリニュース  >  2019年投資申請額トップは中国、米中貿易摩擦の影響で急増

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 経済 】
投稿日時: 2020-01-14 16:01 2020-01-14 14:01

タグ: [ BOI ] [ タイ投資委員会 ] [ 投資申請額 ]

2019年投資申請額トップは中国、米中貿易摩擦の影響で急増

 タイ投資委員会(BOI)は、2019年の投資申請件数が前年比ほぼ変わらずの1624件となり、総投資申請額が同16%減の7561億バーツとなったと発表した。

 投資申請額が多かった国は中国で2600億バーツとダントツでトップ。2位は日本で730億バーツとなった。米中貿易摩擦のリスク回避で中国企業による生産拠点を移転する企業が急増した。

 タイ政府が積極的に後押ししている東部経済回廊(EEC)地域での事業は4449億バーツで、全体の投資額の59%となった。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る