タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 経済 】カテゴリニュース  >  新築コンドミニアムの分譲戸数、前年比33%減

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 経済 】
投稿日時: 2019-12-11 17:42 2019-12-11 15:42

タグ: [ コンドミニアム ] [ コリアーズ・インターナショナル・タイランド ] [ 供給過多 ]

新築コンドミニアムの分譲戸数、前年比33%減

 不動産コンサルのコリアーズ・インターナショナル・タイランドは、今年のコンドミニアムの新築分譲戸数が前年比33.4%減の4万4662戸だったと発表した。

 タイ地元紙によると、同社は、消費の低迷、コンドミニアムの供給過多などが理由で、様々なコンドミニアム開発が延期される状況になっているようだとしている。

 特にこれまで人気だったバンコク中心部の物件が、販売低迷を理由にプロジェクトの見直しを余儀なくされており、今年販売が開始された物件の多くが郊外の物件だったそうだ。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る