タイランド通信  >  ニュース  >  タイ通【 経済 】カテゴリニュース  >  タイ株長者プラサート氏、株価操作の罰金5億バーツ支払いで当局と合意

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 経済 】
投稿日時: 2019-02-14 10:08 2019-02-14 08:08

タグ: [ タイ株 ] [ タイ証券取引所 ] [ SET ] [ バンコク・エアウェイズ ] [ BA ] [ BDMS ] [ 株価操作 ]

タイ株長者プラサート氏、株価操作の罰金5億バーツ支払いで当局と合意

 タイ株長者として知られるプラサート氏およびその娘らは、タイ証券取引委員会(SEC)から、バンコク・エアウェイズ(BA)の株価を不正操作したとして4億9945万バーツの罰金等を科された件について、SECの判断を受け入れることを決めたようだ。

 SECは、罰金のほかに上場企業の役員などになることも禁止しており、先月半ばに同氏らは役員となっていたBA及び病院経営最大手のバンコク・ドゥシット・メディカル・サービシズ(BDMS)の経営陣から外れていた。

 同氏およびその娘らは、SECから罰金等を科された当初は、裁判で争う方針を示していた。
タイ通新着ニュース【 社会総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通の過去のニュースは、アーカイブページにて、
日付やタイ通カテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る