タイランド通信  >  ファイナンス  >  カテゴリニュース  >  田辺三菱製薬、タイとシンガポールで統合失調症治療薬販売へ

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
投稿日時: 2019-08-09 19:46 2019-08-09 17:46

タグ: [ 田辺三菱製薬 ] [ 統合失調症治療薬 ]

田辺三菱製薬、タイとシンガポールで統合失調症治療薬販売へ

 田辺三菱製薬は8日、海外子会社がタイとシンガポール当局から統合失調症治療薬「カリプラジン」の製造販売の承認を得たと発表した。

 タイではミツビシ・タナベ・ファーマ・タイランドが医薬品販売承認取得者として、リアジアの製品名で販売する。シンガポールではミツビシ・タナベ・ファーマ・シンガポールが医薬品販売承認取得者として、シンベニューの製品名で販売する。

 カリプラジンは、作用機序は不明な部分はあるものの、パーキンソン症状等の錐体外路系副作用(手足のふるえ、体のこわばり、落ち着きのなさなどの症状)が少なく、陰性症状(意欲が低下する、感情表現が乏しく、単調になる)に対する改善効果が確認されている。 

 統合失調症患者は、タイでは約36万人、シンガポールでは約3万人がいると推定されている。
タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る