タイランド通信  >  ファイナンス  >  タイ通【 企業 】カテゴリニュース  >  極洋、取引先のタイ企業が再生手続で債権取立不能のおそれ

文字サイズ変更「」「

Y
から検索 から検索
タイ通ニューストピック
タイ通【 企業 】
投稿日時: 2016-01-14 18:26 2016-01-14 16:26

タグ: [ 倒産 ] [ 債権 ] [ ザ・ユニオン・フローズン・プロダクツ ] [ UFP ] [ 極洋 ]

極洋、取引先のタイ企業が再生手続で債権取立不能のおそれ

 水産物を中心とした食品会社の極洋は、グループ内の水産加工品の生産委託先であるタイ企業ザ・ユニオン・フローズン・プロダクツ(UFP)が、タイの裁判所に再生手続を申請し受理されたことがわかったとして、グループ内のUFPに対する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたと発表した。

 UFPに対する債権は、貸付金や売掛金など合わせて18億1100万円。連結純資産に対する割合は7.9%。

 この債権の一部については、貸し倒れ引当金や担保を設定しているが、2016年3月期通期の業績予想に与える影響について現在精査中としている。
関連ニュース

このニュースを読んだ人は、こんなニュースを読んでいます
  • 現在、集計中です。

タイ通ファイナンス新着ニュース【 ファイナンス総合 】

【PR】  タイ株ポータルサイト  「タイ株銘柄情報」や「証券口座比較」はここ

タイ通カテゴリ別新着ニュース【 写真 】

ニュースアーカイブ

タイ通ファイナンスの過去のニュースは、タイ通アーカイブページにて、
日付やカテゴリを選択して閲覧いただけます。

[↑]トップへ戻る